スポンサードリンク

加齢臭のにおいの原因は何?

加齢臭とは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことでできる物質「ノネナール」
が原因です。

 

 

加齢により脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加することにより、ノネナール
という物質も増加します。
それが加齢臭を発生させ原因と言われています。

 

 

加齢臭を悪化させる原因には、乱れた生活習慣とストレスが挙げられます。

 

生活習慣が乱れると、皮脂が大量に分泌されます。
なので、結果的にノネナールの発生量も増えることになります。

 

 

栄養バランス悪い食事ばかりしている人や、睡眠不足の人、運動不足の人も
ノネナールがどんどん増加するため、加齢臭が悪化することになります。

 

 

加齢臭を抑える為には、規則正しい生活習慣をするように心がけないと
いけません。

 

 

また、ストレスが蓄積されると過酸化脂質の分泌量が増えるので、ノネナール
も増加します。

 

 

なので、ストレスを溜め込まないように発散させることで、加齢臭対策には
なりますので、なるべくストレスを解消するよにしましょう。

 

 

加齢臭が気になる方は、何が原因で加齢臭を悪化させているのか一度考えて
みてくださいね。