食習慣が原因でワキガになる?

毎日とる食事の内容や栄養バランスのよくない食生活を続けていると、成人病などの病気になることがあります。それと同様にワキガや腋窩多汗症も食生活習慣のより、ワキガ臭や多汗を発生させる原因になることがあります。

 

例えば、肉類には動物性脂肪や脂肪酸、中性脂肪などがタップリ含まれています。実はこの脂肪成分をとることで、汗腺類が刺激されにおいと汗を発生させることがわかっています。なので、焼肉やステーキなどの肉料理をよく食べる人は、ワキガや多汗症になる可能性が高まります

 

また、チーズやバターなどの乳製品も汗腺を活性化させる食品です。なのでこれらを使ったデザートなどをよく食べる人も注意が必要です。それから、ファーストフードやコンビニのお弁当などは、油の劣化を防ぐために脂肪酸を多く含んだ油を使われていることが多いです。このように、ワキガや多汗の原因は、食生活習慣にあるので、肉類を控えるなどして対策をすることが大切です。