日本人の清潔好きで消臭指向は異常だと思いませんか?TVのCMでも消臭グッズが頻繁に放映されて
いるので、売れていることは間違いありません。

 

しかし、トイレのにおい、下駄箱のにおい、靴のにおい冷蔵庫のにおい、タバコのにおい、ペットのにおい、玄関のにおいなど、ありとあわゆるものの「におい」を消し去ろうとしているようで、異常に感じます。

 

こんな背景もあり、ワキガや加齢臭などの体臭を気にする「臭うかもしれない症候群」が増えています。人間の嗅覚は同じにおいを嗅ぎ続けると麻痺するという性質を持っています。なので、自分のにおいにほとんどの人は気づいていません。ですが、人の少しの臭いも許されないのです。そして、他人のちょっとした自分を嫌うような仕草があれば、ひょっとしたら自分も臭っているかもしれない、と疑心暗鬼にかられ、デオドラント剤を多用するようになるのです。体臭恐怖症というもので、自分のにおいが他人を不快にしているのではないかと思い込み、人と会うのを避けるようになります

 

症状が進む周りの人が臭っていないと否定をしても聞く耳を持たず、自分のからだのにおいを徹底的消そうとします。人はワキガではなくても多少の体臭は誰もが持っています。だから、完全な無臭なんてありえないのです。こういう人はワキガではないので、臭ってもいません。なので、ワキガの治療も必要ありませんが、神経内科でカウンセリングを受けた方がいいかもしれません。