なぜ、ワキガや多汗症になるのでしょうか?

ワキガ臭の原因は、アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺から分泌される物質が皮膚の細菌と混ざることによって発生します。

 

エクリン汗腺とは、直径0.4mmほどのコイル状の器官で、汗を分泌します。エクリン汗腺から出る汗には、99%が水で少しの塩分が含まれています。無色透明でサラッとした汗でにおいはありません。エクリン汗腺は、塩分を含んだ汗を出すことで肌を弱酸性に保ち有害物質から肌を守っています。

 

エクリン汗腺は全身にありますが、特に手のひらや足の裏に密集しています。エクリン汗腺の主な働きは体温調節することです。運動したときに汗をかくのは、汗をどんどん出して蒸発させ、体温が上昇しないように調節しているからです。また、緊張やストレスを感じたときにも汗を出します。結婚式のスピーチなどで緊張したときに手のひらにじっとりと汗をかくことがありますが、これは精神性に発汗です。緊張のためにエクリン汗腺が活発になったことによります

 

アポクリン汗腺は、直径4mmほどの大きさで皮膚の深いところにあります。アポクリン汗腺から出される汗は、水分、脂肪、タンパク質、色素。蛍光物質などを含んでいて、粘りっけのある汗でにおいはありません。一度汗を出すと24時間は活動を休止します。アポクリン汗腺の働きは、ストレスや精神的な緊張、性的興奮などのよって発汗することです。アポクリン汗腺が分布している部分は、ワキの他、耳の中、乳首、おへそ周辺、陰部などに限定されているため、フェロモン器官だといわれています。異性を引きつけるためのにおいを出す器官なのです。

 

皮脂腺は、毛穴の開口部にあって、脂肪分を分泌する器官です。皮脂腺の働きは、脂肪と汗を混ぜ合わせて、皮膚表面に薄い膜をつくって肌を保護することです。皮脂の分泌量により、多ければ脂性、少なければ乾燥肌となってしまう女性にとっては肌のうるおいを保つ重要な器官になります。

 

ワキガ臭の発生する要素は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と皮脂腺の数と活動の大小にあります。また、親の遺伝や生活習慣にも左右されます。なので、簡単に清潔にすればよくなるわけではありません。ワキガは体質に影響されることが多いため、日常のケアだけでは根本的な解決にならないからです。