多汗と汗かきの違いとは?

汗をかくのは、気温の変化や運動などで上昇する体温を抑えるためです。なので、暑くもなく、じっとしていてもだらだらと汗が出る症状を多汗症といいます。

 

多汗症には全身に汗をかく「全身性多汗症」と手のひらやわきの下、足の裏などの特定の部位にかく汗の「局所多汗症」があります。

 

全身性多汗症の場合は、急性リュウマチやバセドー氏病、結核などがあります。局所多汗症の場合は、精神的なストレスなどのよって自律神経が乱れたときに起こります。

 

ワキの下の汗は、精神性発汗が原因なので、多汗症といいますが、食事や運動したときに出る汗は体温調節のために出る汗なので、ただの汗っかきになります。