ワキガのにおいはどこからj発生しているの?

ワキガのにおいの元は、アポクリン汗腺です。
アポクリン汗腺は、ヘビが数匹も絡み合ったような形をしています。
アポクリン汗腺は、皮下脂肪と真皮にまたがってあり、ワキ毛を介して汗を出しています。

 

わきの下には、エクリン汗腺、アポクリン腺、皮脂腺と3つの分泌腺があります。

 

同じ汗でもエクリン腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗と、汗の成分が異なります。エクリン汗腺から出るのはサラッとしている汗なのですが、そこに皮脂腺からの皮脂を取り込んでしまうと、汗臭くなるのです。その汗臭さとわきが臭はまったく違うものです。

 

アポクリン汗そのものは無臭ですが、わきの下の皮膚表面に出たあと、皮膚表面に付着している細菌がアポクリン汗に含まれる脂肪やタンパク質を分解して、ワキガのにおいを生みだしています

 

ワキガ臭は、アポクリン腺から出る汗の成分を好む細菌(コリネバクテリウム属の細菌)が繁殖することによって、あの独特のにおいが発生しているのです。 これをわきが菌などと呼んだりしますが、このワキガ菌が繁殖すると、ワキガ臭が発生するのです。

 

実は、 このわきが菌(コリネバクテリウム)ですが、アポクリン腺から出る汗が無いと生きていられない菌なのです。 ですので、アポクリン腺がほとんど無い人のワキではこのわきが菌は繁殖できないわけです。アポクリン汗腺は、わきの下、耳の下、乳首の周囲、性器の周辺などに集中しているという特徴があります。

 

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどで構成されています。アポクリン汗は、さらっとしたエクリン汗腺から出る汗とは異なり、粘性がある汗です。ですが、、アポクリン汗だけならそれが腋臭の原因にはなりません。

 

皮膚の常在菌の分解や、皮脂腺からの皮脂分泌量が増えることで、細菌が増殖するため、強いわきが臭のにおいが発生するのです。なので、わきの下の細菌の増殖を防ぐことができれば、わきが臭のにおいを軽減することはできるのです