ワキ汗の黄ばみを取る方法

ワキ汗が着いた洋服やシャツの黄ばみを取るにはどうすればいいのでしょうか。ワキ汗には、脂肪酸やたんぱく質、ステロイドや糖質などのさまざまな成分が含まれています。その中に、リポフスチンという色素や鉄分があるのですが、それらが衣類の黄ばみの原因となっています。

 

ワキ汗の黄ばみと取る方法

 

このようにいろいろな成分が混ざり合っているため、通常の洗濯をしただけでは、黄ばみが取れないのです。ワキ汗でシミができてしまった衣類は、放置しないでできるだけ早く40度のお湯で手洗いをしてください。

 

また、既に黄ばみができてしまった場合は、重曹と液体酵素系の漂白剤を1対2の割合で混合したものを作って使います。この溶液を黄ばみのできたところに付けた後に、アイロンの蒸気を5秒ほど当てると、ブツブツと泡だってくるので、黄ばみを浮き上がらせることができます。

 

その後、ぬるま湯で軽くすすいでから、通常の洗濯をすると、黄ばみが落ちてくれます。
一度で黄ばみが取れない場合は、もう一度同じ手順で繰り返し行ってください。