東洋人にワキガ体質が少ない理由

欧米人の約8割はワキガ体質といわれています。これに対して日本人のワキガ人口は約1割です。
韓国人は、0.5割、中国人は0.3割の人がワキガ体質と言われ、東洋人はワキガ体質の人は非常に少ない割合です。
欧米では当たり前のワキガが、日本では悩みの種となっています。

 

この差は一体どこにあるのでしょうか。
その理由は、食生活習慣にあるようです。欧米人は肉中心食生活で、脂肪やタンパク質の多い食品を多く食べてきました。
それに対して日本人の食生活は、穀類、豆類、山菜、きのこ類が多い質素な食生活を送ってきました。

 

つまり、高カロリー食を取り続けてきた欧米人は、脂質の代謝排出が皮脂腺だけでは追いつかなくなり、それを助けるためにアポクリン汗腺が発達し、ワキガが発生しやすい体質になったと言われています。また、東洋人のアポクリン汗腺が長年の粗食によって退化したとも言われています

 

ただ、日本人のワキガ人口は、食生活の欧米化により、増えつつあります。
しかし、「クサイものにはフタをする」などという日本人のにおいを嫌う傾向を反映して、クサイものは元から絶たなきゃダメという考えから消臭グッズがよく売れています。

 

そのうちワキガ人口が増えて大多数にワキガに悩むこともなくなるかもしれませんが、日本人の異常なほどの香りに敏感な性質は変わらないかもしれないので、悩みはなくならないでしょう。